アスリートの補食にオススメ!全粒粉チーズパンの作り方



こんにちは~ゆちこです(∩´∀`)∩

今日はアスリートの方や運動部をお子さんがいるママ向けに

全粒粉入りチーズパンの作り方をご紹介していきます!

パンって持ち運びに便利やし、パッと食べられるので補食やおやつに重宝しますよね(^^♪

さ、さっそく材料から↓

全粒粉入りチーズパン

全粒粉入りチーズパン

材料(6個分)

【生地】
強力粉 130g
全粒粉 60g
三温糖 大さじ1.5
インスタントドライイースト 3g
ココナッツオイル 10g
塩 小さじ1/3
水 120㏄

【成形用】
クリームチーズ 30g
粉チーズ お好みで

※水は42℃程度に温めておく

作り方

①材料をボウルに計量したらインスタントドライイーストにめがけて水を入れる

②生地がまとまってきたら台の上でこねる

③グルテンの膜がしっかりしてきたらまるめて一次発酵40℃20分

一次発酵前
一次発酵後

④ひとまわり大になったらガス抜きして6分割→それぞれ丸める

⑤ベンチタイム10分

⑥とじ目を上にして記事を10㎝の丸に伸ばす

⑦中央にクリームチーズの1/6をのせて包む

⑧全部包めたら二次発酵40℃15分 ※オーブン予熱180℃

二時発酵前

⑨はけで水を塗り粉チーズをかける

⑩180℃のオーブンで12分焼く

完成♡

全粒粉とは

全粒粉と小麦粉の違いを説明します(^^)/

小麦粉は→精製した小麦を粉にしたもの

全粒粉は→精製せず小麦を全て粉にしたもの のことです。

白米と玄米の違いをイメージしてもらえるとわかりやすいかなと思います。

小麦を精製する前というのは、小麦の表皮・胚芽・胚乳などが全て含まれているということです。

グラハムビスケットとか食べたことありますか?

グラハム=全粒粉のことです。

私グラハムビスケット大好きなんですよね~(笑)

表皮や胚芽のおかげで独特の香ばしい香りや噛み応えが楽しめます、、

たまりません(´艸`*)

パン作りだと全粒粉100%では口当たりが悪くなるし、グルテン膜が作られにくいのでパンが膨らみません!なので強力粉と混ぜて使っていますが、

強力粉100%のパンより食べ応えがあるのと

全粒粉にはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれているので栄養価の高いパンが作れます。

アスリートの補食として考えると、強力粉でエネルギーに必要な糖質もとれて

全粒粉で不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取できるので

強力粉100%のパンよりも全粒粉のパンの方が効率よく栄養摂取できてオススメ~♪

我が家の定番パンです!!

全粒粉入りチーズパンのコツ

※強力粉に全粒粉を混ぜる事でグルテンが作られづらくなるので手のひらでしっかり圧をかけてこねると良いです

※独特のべたつきがあるのでキャンバス地に使用をオススメします。二次発酵のときに被せたり、成形しづらいときに軽くキャンバス地で生地表面をなでると扱いやすくなります。

※クリームチーズはkiriの小分けタイプ(6個入りの2個)を使用しました

※焼きたてはクリームチーズが激熱なので気をつけて(笑)

まとめ

アスリート向けの補食として栄養価の高い全粒粉入りのパンは大活躍です~

補食に良いと言われているチーズをいれているので、焼いたものをそのまま練習に持っていってパクっと食べられます(^^)/

バターも卵も使用してないので、卵アレルギーの方なんかにもオススメ

我が家の3歳2歳の年子っちもぱくぱく食べてくれるお気に入りのパンです♪

材料も少なくて簡単に作れるので、是非作ってみて下さ~い



ママ専用ダイエットメルマガ登録はこちらから↓↓