【セミナーレポート】情報発信とは?売り込みおばけにならない為にすること

私が所属している塾で、セミナー動画がアップされたので視聴しました。

このセミナー動画、10年前のセミナーなんですけど、これが今の私にめちゃくちゃ勉強になって

本質的な部分って何年たっても変わらないんだなって思ったのでレポートします。

アフィリエイトの記事ってどうやって書けばいいか難しい…とか
情報発信って何すればいいのかわからないって方のお役に立てたら嬉しいです~

人がモノを買うのは悩みを解決したいとき

人間の行動心理的な部分の話。

人が、何かを買おう!と思って行動をするときって必ず
「悩みを解決したい」という気持ちがあります。

例えば、

喉がカラカラで水分補給したい!という悩みを解決するために
コンビニでお茶を買ったり

子どもが産まれて楽に抱っこしたい!という悩みを解決するために
抱っこ紐を買ったり

家事に使う時間を短縮したい!という悩みを解決するために
食洗器やお掃除ロボットを買ったり


購入するものの大きい小さいに関わらず
購買行動の裏には「悩みを解決したい」という欲求が隠れています。


なのでモノを売りたいときは
「あなたの○○という悩みを解決できますよ」という訴求が必要になってくるんです。


悩みが深ければ深いほど購買意欲は高くなります。
例えば、
女性だとダイエットや脱毛、シミとか
男性だと増毛したいとか?

生死に関わる事やコンプレックスに関わる悩みを持っている人は
一刻も早く解決できるアイテムを手に入れたいって気持ちになりますよね。



で、ここで面白いのが
この「悩み」をお客さん自身が気づいていない場合があるってこと。

お茶を買うとか洋服が欲しいって思ったときって
いちいち悩みを意識して購入したりしないですよね。

潜在的に悩みを持っているんだけど、自分自身が具体的にわかってないことが多いんです。


悩みをリサーチして深堀りする

人は悩みを解決するためにモノを買う。

ということは
売る側は「悩みを解決してあげる」のがお仕事です。

売るっていう気持ちの前に
悩みを解決してあげたいという認識を持っていないと

ただの売り込み営業マンみたいになってしまうんですよね
(気をつけないと…)

どうしてその商品をさがしているのか?
なぜ今手に入れたいのか?
手に入らなかったらあなたの生活はどうなるのか?
手に入ったらどんな生活が待っているのか?

聞きまくってリサーチしまくって
その悩みを解決できる方法を見つけてあげるのが先決だってことを学びました。

アフィリエイトも対面営業も同じだった

私は元々営業マンをやっていたんですけど

営業でも同じようなことを教わって実践していたな…って気づきました。

料理教室の営業をしていたときの話

以前の仕事で料理教室で新規顧客(生徒さん)を集める営業をしてました。

体験レッスンに来てくれた生徒さんに実際のレッスンを体験してもらいながら、教室の案内をしてご契約という流れなのですが

このときに、教室のシステムなどのいわゆる商品説明をしても契約には至らないんですよね。
何時からやってるとかこんなメニューを作れるとか…そんなことはホームページやパンフレットにのっているので
(;・∀・)


当時私が気をつけてたことは
「お客様の現状と今後の理想を聞くこと」


料理教室なので
・今料理をしているのか
・している方はどんなことに困っているか
・しない人は今後出来るようになりたいのか
・困っていることを解決するためにやっていることはあるか
・料理をしない方はなぜ出来ないのか

こういったことを必ず聞いていました。


よくある悩みはこんな感じ↓

料理出来るようになりたいけど実家暮らしでなかなかやるタイミングがない。
レパートリーが増えなくてマンネリ化してる。
結婚するのに基本的なことも何もわからない。

そのあとに仕事をしているのか、いくらなら自己投資できるのかを質問して
一人一人にあったレッスンプランを提案して
「このプランならあなたの○○という悩みを解決できます」と提案していました。

画面の向こうには人がいるっていう認識

対面営業だったら出来るのに
インターネットだと出来なくなってたなって反省してます。
(^^;)

インターネットだと顏が見えないけど
画面の向こう側には悩みを抱えたお客様がいるってことを忘れたらいけないなって痛感しました。


noteとかブログ検索すると
「成約率を高める文章」とかライティング技術みたいなの出てくるけど

お客様の悩みを解決するっていう本質的な部分が抜けたまま
技術面ばっかり学ぶで実践しても

ただの「売り込みおばけ」になる、と思う(笑)

具体的にどうすればいいか

「売り込みおばけ」にならない為に

まず、悩みを聞ける状態なら聞きまくる!
・Twitterでアンケート募集するとか
・メルマガやってる人は読者さんに質問するとか
・友達に聞くとか

聞く相手がいなかったら
Yahoo!知恵袋
発言小町
とかの悩みサイトでリサーチするのもアリ

でも実際に聞ける相手がいる方が
リアルな悩みに寄り添って記事が書けますね。


あとは、オススメとかしなくていいので
実践した感想や使ってみた感想などを
そのまんま書く!!!

これを意識して実践をしてこうと思います。

まとめ

セミナーを受けて
本質的な部分ってわかってる“つもり”になってることが多いなって思いました。

売りたい売りたいって気持ちが先走ってる営業マンって、なんとなく必死感が伝わりますもんね~

リアルな営業でもインターネットでの紹介記事でもおんなじだなって本当に思います。
必死感満載の記事にならないように気をつけて実践していこうと思います!!

メルマガゆるーく配信中